ビンボー生活inアメリカ

Thursday, May 25, 2006

どーなってるの?NIPPON!!

日本に帰国中は楽しい日本での滞在の様子を書こうと思っていましたが、
(学校のストレスからも解放され、羽伸ばしてる訳だし。)

でも、ちょっと気になったことがあったので、その事について書こうと思います。
日本に帰ってきてTVを朝晩チェックしています。朝のニュース、そして夜のニュースで日中に起こった事と朝のニュースをもう一度おさらい。っという具合に。アメリカに居るときはasahi.comでさーっと主要なニュースを流し読みする位で暇がありませんでしたから、コンスタントに細かな情報が入ってくるTVニュースはいいですね。わかり易いし。

でも、私が帰ってきてからTVで聞くニュースは、どれもコレも物騒な話ばかり。佐賀で小学5年生の男の子をひき逃げした犯人がバレないように引いた男の子を車で3km離れた林道に放置し逃走、その犯人を見つけた警察が逃してしまったり、仙台市の女の子がマンションから転落死した事件も、自殺か事故か事件か断定はされてはいませんが、未だ事件の可能性も高いらしいです。ついこの間、川崎市でも同じような男児がマンションから転落し、亡くなってしまった事件があって、男の子を突き落とした犯人は逮捕されたばかり。仙台市の事件も現場から女の子の指紋など見つかっていないため、自分で自殺したり、誤って落ちた自殺、事故説よりも事件ではないのかと云う見方の強い報道をしています。

佐賀のひき逃げ事件をとっても、川崎市のマンション転落事件をとっても、犯人達のたわいもない理由やモラルの無さに無力な子供達が犠牲になったもので、非情な犯行に怒りを覚えます。2年前、私が日本を離れた頃も日本のニュースはこんな事件で溢れていたでしょうか??私の記憶が正しければ、そんなことは無かったと思います。

そして、ちょっと違うニュースとして、5年前、新大久保駅でホームに転落した男性を助けようとした韓国人留学生が死亡してしまった事件がありましたが、それと同じような事件で、今度は酒に酔った 女子大生が新大久保のホームに転落し、韓国人留学生が女性を救出したという事件がありました。今度は助けた韓国人留学生も無事でした。それだけ聞くと何と心の暖まるニュースなんですが、その果敢に女子大生を助けた韓国留学生がTVに取材をされていた時に私は驚きました。アナウンサーが、「周りの日本人は助けようとしていましたか?」という質問を彼に投げかけに「ただただ見ているだけでした。」という彼の答えに、「あぁ、日本人情けないよ」とちょっと思いましたが、、それだけでは終わらなかったのです。次にアナウンサーは「その女子大生はその後は?」の問いかけへの彼の答えは「分かりません。行ってしまいましたから。」そして、アナウンサーもちょっと驚いたようで、「え?お礼の言葉とか連絡とか何も無かったんですか?」と聞くと、「あ、はい。無かったです。」と。私はもう、ただただ吃驚。自分の命の恩人にお礼の一つも言わず逃げるように去って行ってしまうなんて、非常識にも程があるのでは??

アメリカに来て、日本では大きなニュースになるようなドラッグ絡みの殺人とか、幼児虐待とか、普通に大したニュースにもならず、地元紙のほんの小さな欄に載るか、人伝えに噂のごとく知るかして、「この国はオカシイ」とつくづく思ったが、今じゃ日本まで、「この国オカシイ」と感じてしまう。凄い悲しい事だと思う。日本よりそう離れていない国、韓国の2人の青年の勇士に益々日本の情けなさが誇張されて恥ずかしさすら覚えます人への思いやりや、モラルや倫理などちゃんと持った国民でいて欲しいと切に感じます。

6 Comments:

  • At 2:14 PM, Blogger Bambina said…

    ジャパワイフさんの気持ちと考えに同感です。日々、日本から入って来るニュースは本当に飽きれてしまうというか、信じられない内容のものが多く、日本社会の存在危機すら感じてしまいます。

    韓国の学生さんに救出されてもお礼を言わない
    …、助けようとしない日本人…。
    子供が被害にあい続ける日本…。もう悲しくなってしまいます。
    もちろん悲観的な事ばかりではないとは思いますが、日本社会のゆがみを修復する為に私たちができることはないのでしょうか…。

    正直、私個人の経験として、危ない思いをしたことがある国No.1は「日本」なんです。
    帰省するとき、海外以上に身構えているのは私だけでしょうか…。

    長くなってしまいましたが、今回の話題は本当にいろいろ考えさせられました。話題提供ありがとうございました。

     
  • At 2:58 PM, Blogger Bambina said…

    補足…
    危ない思い…というのもいろいろ種類があると思うのですが、私の日本での経験はほとんど変質系…。これだけは勘弁です。

     
  • At 8:51 PM, Blogger ジャパワイフ said…

    <bambinaさん、
    そうそう、日本って変質系多いですよね。

    去年の夏に帰国した際は、駅から家へ向かう途中、露出狂の痴漢に出くわしました。久し振りに日本に帰ってきたばっかりで、コレにはガックリ、というか呆れた口がふさがりませんでした・・・。

    前よりアメリカで暮らして変わったお陰か、痴漢に「この人痴漢です!」と叫び、警察に即電話した自分。ちょっと強くなったカナ。結局、犯人逮捕にはなりませんでしたが。昔のままなら黙って悔しがるだけだったでしょう。

    痴漢を含め、日本のゆがみの修復や他国のゆがみについては旦那さんともよく話すテーマなのですが、その度、私は終わりの無い螺旋の渦にはまり込んでしまいます。だって本当に難しい。矛盾の多いテーマなんですもん。
    だから、いつも疑問に問うだけで終わってしまう。無責任な形で話が終わってしまう自分が情けないです。

     
  • At 12:10 PM, Anonymous busuke said…

    私もたまにチェックするニュースがこんなのばっかりなので、日本に帰ってからが怖いですね。特に変質系、私も経験あるので、いやーだなぁ。

    この新大久保駅でホームから落ちた女の子、酔っ払っていたらしいです。この事件がおきたのは朝だったらしいから、朝っぱらから酔っ払ってた(前日の残り?)のか?
    それにしてもこのホームで5年前に助けようとして亡くなった方がいるのに、女の子を助けた韓国人の学生さん、偉い!
    日本にはそういう勇敢な若者はもういないのかなぁ。

     
  • At 7:09 PM, Blogger Minako said…

    確かに日本のゆがんだ社会、恐ろしいものがありますよね。人の親となった今、特に将来に不安を覚えます。
    私も変質系、経験あります。こんなにみんなが被害にあっているということは、変質でなく普通なのかと思ってしまいます。
    日本人として本当に危惧を感じます。

     
  • At 7:49 AM, Blogger ジャパワイフ said…

    >busukeさん、
    そうそう、酔っ払ってたんですよね、新大久保の女の子。自分の不注意で危険な線路に落ちたところを助けてくれた命の恩人に御礼も出来ないなんて!!そして、ニッポンの男子もシャキッとして欲しいですね。ニッポン男子よ、オシャレをして、眉毛そって無駄毛抜いてなんてやっているばかりでは真の男っぷりを上げるとは言えないぞ~!と思います。

    >minakoさん、
    みんなそういう被害に合うような現状に段々と感覚が麻痺して変な事まで普通みたいになってしまう現状は本当に怖いですね。

     

Post a Comment

<< Home